--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2010’08.21・Sat

梅仕事の記録:梅シロップ

去年作った梅シロップ、2009&2010年と2シーズンに渡って楽しんでます。

今年度前半の仕事に一段落ついたこともあり、
ここのところいろいろ整理をしていたら
その時の記録がぽろっと出てきたので
次回以降のために、その記録を残しておきます。

わたしの場合は梅干しをメインにしていましたので
約3.5kgの梅のうち2.33kgは梅干しへ、
残り(1.15kg)を梅シロップにしてみた次第。

結果的にはシロップはわたしの嗜好に合っていたので
(下戸の自分が麦茶以外の冷たいものが飲みたくなるときには好都合)
今ある2009年ものを何とかあと1年は持たせ
それがなくなったらまた作りたいですわ。

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

予定していた1本の容器に入りきらなかったので
急遽2本に分けて作りました。

容器(1)梅872g→グラニュー糖360g+氷砂糖512g
容器(2)梅280g→グラニュー糖140g+


完成時の重量の記録がどこかに行ってしまった…(´・ω・`)

参考までに、(1)は1Lのペットボトル、
(2)は410mlのペットボトルにちょうど入るくらいの梅シロップが完成。

…結構たっぷり出来るな。


(1)は微妙に砂糖のとけ具合がイマイチだったので
熱を通して長期保存用にし常温保存。

(2)は出来たままをペットボトルに入れ、冷蔵庫保存にしました。

当然(2)が先になくなり
今(2010年)に飲んでいるのは(1)ということになります。
素人には味の違いはわかりません。

この夏は激しい暑さでばてばてのところ
梅シロップのような甘いものが身体に嬉しいな…と感じています。

その後いろいろ調べたら
梅に小穴を開けなくてもシロップが作れる情報もあるので
(むしろ開けない方がいいとか?)
次回はそれで試してみたいな。
あとははちみつを使って贅沢に作るとか、
沖縄の黒砂糖を使ってみるとか
いろいろ変えてみたいです。

とはいえ最初は王道の作り方でよいのではないかと。


◆参考◆
梅シロップの作り方 レシピ
http://www.minabe.net/umelife/siroop/recipe.html
スポンサーサイト

Categorie02.家食日和  トラックバック(0) コメント(1) TOP

2009’06.12・Fri

野菜スキーの味方

2週間に1回、定期的にお野菜の宅配を取ってます。

知り合いの農家さんがいつも旬の野菜を適当に組み合わせて送ってくれますが、
日中きちんと食事を作るのは週末と平日の夜くらい…
(多めに作って翌日の朝飯やお昼に持って行くことはありますが…)
さらに時々外食もするし届いて2週間後に全部消費できていることはまれで。

しかも2週間で使い切れなかった上に2週間後に同じ野菜が届くこともあり(笑)

そんなときに備え最近は「鮮度保持袋」なるものを使っています。
職場の同僚に勧められたのですが、なかなか優れもの。
葉物類を片っ端から放り込んで空気をなるべく抜いてから口を止めると
普段ならもう少し早く傷み始める野菜もかなり長いこと美味しくいただけました。

とくにレタスとかキャベツとかは効果覿面でした!

これからたくさん夏野菜がとどくことになりますが
それについても実力を発揮してくれるかな…楽しみです。

もちろん早めに食べられるのが一番なんですけどね~。

わたしが使っているのは↓

ニプロさんの「愛菜果」という商品。
(近所の生協でMサイズしか売っていなかったけど150円しないくらいだったかな。)

■参考

楽天では「愛菜果」がほとんど見あたらなかったけど
「鮮度保持袋」で探すと同じようなのが売っていました。

鮮度保持袋 新鮮組 10枚入


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

「ここのところ(エントリーが)ちっともお気楽極楽ではない
と某所よりいわれてしまった(笑)

なので日常的な小ネタを思いついたときに少し書くようにしたいなぁと思いました。

Categorie02.家食日和  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2006’02.06・Mon

精米器のススメ

去年もいろいろな買い物をしましたが、その中で生活必需品(=なくちゃ生活できねー)以外のもので、買って正解という品の上位にあるのが精米器。16年産の玄米を食べきる前に17年産玄米をいただいてしまったので、必要に迫られて買った一面もあるんですが...

これはねー、もう大当たりv

炊飯器なくてもこれ買っとけって感じ?(ちなみにうちには炊飯器がありませんw)

古米の時は「・・・精米器いまいちかなぁ?」と正直思ったのですが、食べ終えて新米を精米してみたら…ウマーv古米はちょっと保管が悪くて匂いがついていたってことなのか…。玄米からの精米はもちろん、親戚からもらったただでさえ旨い富山産のお米を「米とぎモード」で再精米するとがさらにうまーなことになってますvv

で使用感は…特に難しくなく使えてます。

ボタンには日本語で1~5合の設定とスタートボタンと、ぶつき・胚芽米・米とぎ・モード等の選択が可能。取説をさっと読んだらあとはたぶん感覚的に使えます。普通に玄米から精米するほか「米とぎ」というモードがあるのですが、これをすると無洗米として扱えてとがなくて良いとか。玄米からそのまま米とぎモードにするボタンもある。玄米も精米も「米とぎ」をよく使います。

洗うのが必要なのは2つの容器と1つの部品と1つの蓋。手入れは水で洗うだけ。楽ちんです。玄米から精米した後にはもちろんぬかができていますので、わたしは洗顔に使ったり、実家に持って帰ってぬか漬け用にしてもらったり。

amazon.comの使用者レポートにもありますが、それなりの音がしますので、うちも大家さんが階下にいるし、夜は使わないようにしています。

わたしの場合、基本は

「精米で買ってきた米をさらに米とぎ」か
「玄米を精米・米とぎ」

のどちらかで使用。毎日仕事から帰ってきて、そこから精米・炊飯してからご飯を食べる余裕はないので、外食の予定がない限り週に2回、それぞれ3合のご飯を炊いておくスケジュール。それを適当な耐熱容器に入れて一部を冷蔵庫、一部を冷凍庫に入れて、お昼ご飯に持って行ったり、夕飯時にチンしたり。美味しいご飯が保存用に炊いてあるだけでかなり楽ちんかも。

TWINBIRDさんはメジャーなメーカーさんではないですが、amazonさんに載っていた使用レポートを見て安心して購入。比較したわけではないので「メーカーはこちらでなくちゃ!」と思うほどのこだわりはないですが、お米好きな人にはお勧めです、精米器。

Categorie02.家食日和  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2005’11.28・Mon

池袋でパンをまとめ買い

夕刻、池袋にお買い物へ。なにを買いに行ったかはあとで書くとして、日曜日の閉店間際の時間帯だったので、かねて聞いていた「メゾンミクニ」のすべてのパンが3個で300円(税込)のお買い得な売り出しに行ってみました。

場所は東武百貨店のメトロポリタン側の地下1階南側…でわかるでしょうか。東武の番地でいうとB1階10番地です(レシートに書いてあった^m^)。

今日わたしが行ったのはホントに閉店10分前くらいという時間で、10人くらい列を作っていました。あぁこれが独身ものでなければ1本300円近いバタール(いわゆる長いフランスパン)を買っちゃうのにー。それでもクロワッサンとか、6個ほど買いました。普通に買うののほぼ半値ぐらい。ものによってはそれ以上の割引になるので、時間が合えばまた行きたいですが、ついつい買い過ぎちゃいそう(笑)。

でも赤札だーいすきv




今日は昼間家でスカパー!のサッカー中継のはしごをしていたら荷物が来まして。臨時収入があったので、ボーナスに買う予定だった精米器を1ヶ月早めに買ってみた(笑)ので、それが届いたのでした、やたー。

問題はその置き場…。微妙に場所が無くて、しかも雑然としている部屋の中なので、かねて気になっていた収納回りを見直してみることにした。そのための収納道具は木製とかプラ製とかだといらなくなったときの処分に困るので、またもや無印良品で段ボール箱の引き出しを買ってきて組み立ててみることにしたです。まぁちょっと早めの大掃除もかねていたりする。

今日たまたま無印良品のサイトに行ってみたら「muji会員限定で10%Off!」とあったので早速登録して、その割引を受けてきました。それで池袋に行ったというわけですね。もう少し高機能なケータイを持っていれば画面にダウンロードすれば割引受けられるみたいですが、わたしのPHSはシンプルなので家のPCで印刷して持って行きました。

しかし、実際お店に行ってみたらOffの表示は一切無くて、ドキドキしながら家で印刷したチラシを何度も見直したのは内緒です(笑)>小心者




そんなわけで、ただいまWindows Update中です。何度も再起動をかけなくちゃなので面倒だなぁ。


Categorie02.家食日和  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2005’06.19・Sun

休日のブランチ

…。

一日の最初の食事から具だくさんのみそ汁を作り、そして昨日の残りのチキンのトマトソース煮(←また作ったらしい(笑))、佃煮、納豆、ご飯とガッツリ食べてしまった。

あー、レディース、行きたいなー。でもJ中断中に少しでも進めなければいけない作業もあるのでじっと我慢の子。

しかし、風が吹かないと暑いな、今日は。

Categorie02.家食日和  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。