--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2006’02.06・Mon

精米器のススメ

去年もいろいろな買い物をしましたが、その中で生活必需品(=なくちゃ生活できねー)以外のもので、買って正解という品の上位にあるのが精米器。16年産の玄米を食べきる前に17年産玄米をいただいてしまったので、必要に迫られて買った一面もあるんですが...

これはねー、もう大当たりv

炊飯器なくてもこれ買っとけって感じ?(ちなみにうちには炊飯器がありませんw)

古米の時は「・・・精米器いまいちかなぁ?」と正直思ったのですが、食べ終えて新米を精米してみたら…ウマーv古米はちょっと保管が悪くて匂いがついていたってことなのか…。玄米からの精米はもちろん、親戚からもらったただでさえ旨い富山産のお米を「米とぎモード」で再精米するとがさらにうまーなことになってますvv

で使用感は…特に難しくなく使えてます。

ボタンには日本語で1~5合の設定とスタートボタンと、ぶつき・胚芽米・米とぎ・モード等の選択が可能。取説をさっと読んだらあとはたぶん感覚的に使えます。普通に玄米から精米するほか「米とぎ」というモードがあるのですが、これをすると無洗米として扱えてとがなくて良いとか。玄米からそのまま米とぎモードにするボタンもある。玄米も精米も「米とぎ」をよく使います。

洗うのが必要なのは2つの容器と1つの部品と1つの蓋。手入れは水で洗うだけ。楽ちんです。玄米から精米した後にはもちろんぬかができていますので、わたしは洗顔に使ったり、実家に持って帰ってぬか漬け用にしてもらったり。

amazon.comの使用者レポートにもありますが、それなりの音がしますので、うちも大家さんが階下にいるし、夜は使わないようにしています。

わたしの場合、基本は

「精米で買ってきた米をさらに米とぎ」か
「玄米を精米・米とぎ」

のどちらかで使用。毎日仕事から帰ってきて、そこから精米・炊飯してからご飯を食べる余裕はないので、外食の予定がない限り週に2回、それぞれ3合のご飯を炊いておくスケジュール。それを適当な耐熱容器に入れて一部を冷蔵庫、一部を冷凍庫に入れて、お昼ご飯に持って行ったり、夕飯時にチンしたり。美味しいご飯が保存用に炊いてあるだけでかなり楽ちんかも。

TWINBIRDさんはメジャーなメーカーさんではないですが、amazonさんに載っていた使用レポートを見て安心して購入。比較したわけではないので「メーカーはこちらでなくちゃ!」と思うほどのこだわりはないですが、お米好きな人にはお勧めです、精米器。
スポンサーサイト

Categorie02.家食日和  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

Next |TOPBack

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。