FC2ブログ
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2006’10.24・Tue

キモノ生活に足を踏み入れる。

かねて和服を着られたらなぁと思っていたのですが、ふとしたキッカケでそれを具体化することにしました。

そして赤いブログで書いたように京都へ遠征した折に、せっかくだからとアンティークのきものやさんをリサーチ。

アンティークきもの やゝ

こちらのお店で着物を3枚、帯を1本買ってきました。初めてだったのでどういう風に選んだらいいかなぁとと聞いてみたら「洋服と同じようにお好きな柄で選んでいいと思いますよ」と言われ、ちょっとホッとしたり。初めてのお店でそういわれるとちょっと気が楽です。

それから、実家の母に「着付け習うよー」と連絡を入れ、普段着に使えそうな着物(赤い小紋2枚と無地の紋入りが1枚…紋入りの方は少し格が高そうだ)と帯3本(名古屋1本に袋2本…これも袋はキンキラで普段使いには微妙)、そのほか細々したものを引き取ってきました。亡くなった大伯母のステキな上着もあるらしいけどそれはもう少し寒くなってきてからで良いな。あと、着付けを習うと言ったら母が

「どーせなら紬を1枚作ったら?お金なら出すわよ

みたいなことも言われた。ってまじで?いきなりつくってイイの?wしかも紬って、あーた、大島紬とかなら高い物は100万超えるし(を)、黄八丈とかでも30万とかするみたいですよ(笑)。でも綿の着物は欲しいので川越の唐桟あたりなら普通に買えるかしら…とか思ってみたり。

それから祖母もまだ元気ですが、体型が…横幅1.4倍くらいあるので(笑)、そのままじゃ着られないんじゃないかと言ってました。

あとは…小物がちょっと少ないかな。履き物とか足袋とかも買わないと。

浦和の王子さまじゃないけれど、ファッションの傾向を変えるとちょっと物いりになるよね。

幸い、今の季節は袷の着られる時であり、明日から銀座の松屋のきもの市も始まるし(さっきまで情報がなかったのに今見たらようやくチラシがうpされていた…)、月末の大江戸の骨董市巡りも楽しそうだし、着付けと並行していろいろ回ってみたいと思います。楽しそー。

そんなわけで、このところ忙しいというせいもありますが、赤い方のブログの更新頻度が落ちているとすればそういう理由もあるかなぁと思います。

また何かあったらメモ代わりにエントリーします。気が向いたらコーディネートもうpできるといいなぁ。
スポンサーサイト

Categorie11.キモノ日和  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

Next |TOPBack

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。